エリア別での絞り込み
閉じる

スタッフブログ

  • コンセント検査で使い勝手を徹底確認

    こんにちは、住宅生協です。

    調理家電を使う機会やリモートワークが増加した現在、PCや電化製品の接続、Wi-Fi環境の構築など、家の中の配線やコンセントの重要性がますます高まっています。使い勝手の良さが暮らしやすさにもつながる上、拡張や移設などは手間がかかるため、新築の際は入念にチェックしておくことが大切。上棟後に実施する「コンセント検査」は、後悔がない家づくりを進めるためのポイントです。

    ■実際の建物で確認

    コンセント検査は三重県住宅生協が建てる全棟で実施します。上棟後1週間ほどが経過した建物に入り、お施主様と営業担当者、現場監督が電気図面を見ながら一つ一つチェックしていきます(モデルハウスや建売住宅でも担当者が実施)。ポイントは生活する上で便利か、使い勝手が良いかという点。図面だけでなく、実際の建物に入ってシミュレーションするのが大切です。家事や食事、場合によっては仕事など、毎日の暮らしと動線も意識してチェックしていきましょう。

    電気図面はプランの段階で作成するもので、ご要望通りにコンセントの位置が記載されています。ちなみに「コンセント」は壁などに埋め込まれた差し込み口のこと。電源のほか、モジュラージャックやアンテナ、光コンセントなどもあります。

    コンセント検査当日の主なチェック内容は以下の通り。

    ・コンセントの位置
    ・コンセントの数
    ・電気スイッチの位置
    ・照明器具を設置する場所
    ・壁掛けテレビの場所(ご要望があった場合)

    ■Wi-Fiや調理家電を意識

    家庭内にWi-Fi環境を構築するケースも増えています。光回線のモデム(光回線終端装置)やWi-Fiルーター、置くだけWi-Fi(ホームルーター)は常時接続で動かす必要はないため、収納スペースの中などに隠すのが主流。スマホやタブレット、PCなど各部屋で使用することを想定すると、建物の中央に設置して電波状態を良くするのも重要ですね。

    リビングやダイニングに設けたカウンターでリモートワークなどを行う場合、PCやプリンターが使いやすいコンセントの位置に気を配っておきましょう。

    調理家電を使う場合、キッチンとダイニングテーブルそれぞれの使用をイメージしておくのが使い勝手向上のポイントです。ホットプレートなど、ダイニングテーブルで使う家電用に対面キッチンのカウンターやフロアコンセントなどを取り付けるご家庭も増えています。

    上棟後1週間のタイミングは配線工事が完了し、壁は貼られていない状態です。そのため、コンセント検査の段階であれば追加や位置の微調整も可能。より暮らしやすくなるよう、じっくりと考え、気軽にご要望をお聞かせください。

    2022.04.12 PM7:00
  • 三重県住宅生協の家ってどうですか?オーナー様の声をご紹介

    こんにちは、住宅生協です。

    三重県住宅生協では2×4工法による高性能・高品質の注文住宅・分譲住宅をご提供しています。無料設計相談や建築家との家づくりも大好評。たくさんのお客様が住宅生協で夢のマイホームを手に入れています。ただ、「実際に住んでみてどうなの?」というのは誰もが気になるところ。そこで今回は、三重県住宅生協で家を建て、実際に暮らしている方からのメッセージを一部、ご紹介します

    三重県住宅生協を選んだ理由

    「三重県住宅生協さんには、一番身近なイメージを持っていました。家づくりについては、営業担当の方が、間取りや設備仕様のことなど、きめ細かく相談に乗って下さり、安心してお任せできました

    「様々な住宅会社の見学会に参加している中で、何気なく住宅生協さんの見学会に立ち寄りました。その時、家づくりの楽しさやキーポイントをたくさん教えていただき、『この人たちと一緒に家づくりをしていきたい!』と感じたのがきっかけです」

    「複数のハウスメーカーに間取りなどを提案してもらうべく相談をしていましたが、住宅生協さんは『どんな家にしたいのか』をポイントに、私たちの思いや悩みを丁寧に聞き取り、親身になって考えてくれました。次第に、担当者の方と『ここはどうしようか』と、家づくりの話をするのが楽しくなってきて、いつの間にか『この人と家をつくりたい』と思っていました」

    入居後の住み心地

    「以前は、1LDKのアパート暮らしでしたので、新居は『とにかく広い』という印象です。生活しながら、収納を整理したり、家庭菜園を始めたりと、自分たちの生活様式に合うようにカスタマイズしつつあり、ますます理想の我が家に近づいています」

    「家事動線を考えた間取りにしていただいたおかげで、とても住み心地のいい家になりました。『部屋の中を常にすっきり見せたい』という希望を伝えたところ、収納をたくさん作っていただきました。実際、生活してみると、とても片付けがしやすいです」

    お気に入りの場所

    気に入っている場所は、パントリーと洗面脱衣所です。どちらもとにかく収納をたくさん作っていただいたので使い勝手がとてもいいですね。パントリーは食品だけでなく、書類や娘の本まで収納できるほどの機能性と広さです。洗面脱衣所にも日用品のストックや衣類を収納しているので、着がえはすべて脱衣所で完結して、とても便利です

    「玄関前に配置した手洗いとウォークインクローゼットが、とても便利です。朝は、着替えてすぐに出勤できますし、帰宅後もすぐに着替えられるので、助かっています。また、お風呂と脱衣場が広いのも重宝しています。元気に動き回る子どもたちの世話がしやすくなりました」

    「陽当たりが良く、リビングでは日中、電気を点けなくても過ごせているのが嬉しいですね。お気に入りの場所は、家の中全て!担当者の方と一つひとつ考えて創ったので、どこにいても気分が上がるんです」

    「以前からの夢だった防音室を自宅につくる事ができました。家族やご近所への騒音を気にする事なく楽器の演奏を楽しめるようになりました。内装や壁紙、照明などもこだわってつくったお気に入りの空間です。今では子どもたちと一緒に演奏を楽しんでいます」

    皆様、ありがとうございました!

    三重県住宅生協のホームページでは、これ以外にも多数のオーナー様からいただいたコメントを掲載しています。これから家づくりをされる方は、ぜひ参考にしてみてください!

    Owner’s Voice
    https://www.mie-jsk.or.jp/voice_post/

    2022.04.07 PM7:00
  • 魅力的な分譲地を県内各地で展開中!

    こんにちは、住宅生協です。

    三重県住宅生協は、県内各地で魅力的な分譲地の販売を行っています。大規模分譲地からコンパクトな分譲地まで多数の物件を販売していますので、三重県内で土地からマイホーム購入をお考えの方はぜひ、住宅生協までお問い合わせください。

    豊富な分譲地

    三重県住宅生協は、労働者の住環境を改善するために県下の労働組合の出資により設立された自主福祉団体です。正式名称は「三重県労働者住宅生活協同組合」と言います。
    三重県内における住宅供給という明確な目的のもと、これまでに1万3000棟を超える住宅をご提供してきました。

    現在、県内30カ所以上の分譲地を販売しています。桑名市、四日市市、鈴鹿市、津市、伊賀市、名張市、松阪市、多気郡、度会郡、伊勢市の幅広いエリアから、ご希望の土地を見つけてみてください。
    それぞれの分譲地に特徴やコンセプトがあるため、物件情報を見ているだけでも楽しいですよ!

    分譲情報はこちらから
    https://www.mie-jsk.or.jp/land/

    津市久居本町・元町「久居ほんまち通り」

    2月に完成したばかりの分譲地が津市久居本町・元町「久居ほんまち通り」です。総区画数27区画の分譲地で、昨年秋より第一期の販売を開始しました。先着順の受付で、既に多数のお問い合わせをいただいており、数区画は契約済となっています。

    周辺は落ち着いた雰囲気の住宅街で、静かな環境で暮らしたい方におすすめ。住宅用地の販売が少ないエリアで、宅地分譲は貴重な機会です。ご興味がある方は、津住まいの情報センターまでお問い合わせください。

    いよいよ4月9日(土)から第二期の販売も開始します!第二期は10区画。同日10:00から受付を開始します。

    津市久居本町・元町「久居ほんまち通り」
    土地面積 165.71㎡(50.12坪)~255.68㎡(77.34坪)
    土地価格 1,579万円〜
    (第一期・第二期合わせて残り18区画)

    お問い合わせ先
    中勢営業所・津 住まいの情報センター
    TEL 059-233-3334(水曜・木曜日定休)

    詳しくはこちらから
    https://www.mie-jsk.or.jp/event_post/event_post-9314

    2022.04.05 PM7:00
  • 検査とアフターサービスで安心の家づくりを

    こんにちは、住宅生協です。

    せっかくマイホームを手に入れるのであれば、施工品質が高く、長く住める家であってほしいですよね。三重県住宅生協では、第三者機関による検査と万全のアフターサービスにより、いつまでも安心して暮らせる家をご提供しています。

    ■W保証&第三者機関の検査

    三重県住宅生協では、施工現場ごとに専任の現場監督を配置。工程ごとにマニュアルに則った検査を実施しています。定期的な検査により、トラブルを予防し、より高い品質を担保するのが目的です。

    また、JIO (日本住宅保証検査機構)の標準検査として、建築中の建物について「基礎配筋検査」(基礎の鉄筋の太さや間隔などをチェック)、「躯体検査」(柱の位置や筋かいの取り付け状況などをチェック)を実施しています。

    自社の施工品質を高めるのはもちろん、第三者も含めた確かな目によって、安心の住まいは完成します。


    ■生涯サポートシステム

    ご入居後はカスタマーサービスセンターの専門スタッフが15年間で6回の定期訪問を行います。センターは三重県下に3カ所設置(北勢・中勢・南勢)。三重県内の各地域に密着した住宅生協だからこそ、きめ細かくフットワークの軽いサービスをご提供しています。

    構造躯体は10年保証で、10年目以降は有料メンテナンス工事を前提にした無料診断を実施。長期優良住宅を取得した場合は、30年目まで5年ごとに無償点検を行います。

    保証について特筆すべき点は水まわり。通常は1~2年の保証期間が多い水まわりの住宅設備(キッチン、トイレ、洗面、お風呂)について、住宅生協では10年間の保証を付けています。費用が発生する保証延長ではなく、標準で10年保証が付いているのは大きな安心材料ではないでしょうか。

    三重県住宅生協の家づくりは「しっかり建てて、しっかり検査して、しっかりアフターフォローする」が合言葉。検査やご保証、アフターサービスについて詳しく知りたい方は、スタッフまでお問い合わせください。

    2022.03.29 PM7:00
  • 清潔な室内環境で過ごすために

    こんにちは、住宅生協です。

    コロナ禍の生活で気になることの一つが室内の空気環境ですよね。感染対策でも、換気は重要といわれてきました。長い時間を過ごす我が家ももちろん、清潔な空気が流れる室内環境を保ちたいもの。これからの季節で気になる花粉症対策の意味でも、室内の空気を意識した家づくりも検討されてみてはいかがでしょうか。

    ■天井にファン設置して空気を循環

    空気中に浮遊するさまざまな物質を抑制する「ヘルスエアー®」
    天井に取り付けるタイプのファンで、場所を取らずに空気を循環清浄できるのがメリットです。
    電界・放電空間を形成してウイルスや菌、花粉を抑制する仕組みで、24時間連続運転により清潔な空気を守ります。ダクトなどの特殊工事の必要はなく、さまざまな仕様・間取りの家に設置しやすいのも特長です。

    三重県住宅生協では、スマートエコタウン津新町駅西「新しい生活様式」を楽しむ家の和室に、「ヘルスエアー®」を設置しています。実物がご覧になりたい方はぜひご来場ください。

    スマートエコタウン津新町駅西 「新しい生活様式」を楽しむ家
    https://www.mie-jsk.or.jp/products_post/products_post-6170

    「ヘルスエアー®機能」搭載循環機器は、内閣府がホームページで公開中の新たな日常の構築に向けた新技術リストにも掲載されているようです。

    ■空気が流れる間取りに

    自然の力を利用するパッシブデザインの要素に「風」があります。通風を意識した建物にすることで、自然の空気を取り込めます。
    新鮮な空気が流れる室内環境を維持するためには、プランニングの段階で通風を意識するのも良いでしょう。
    窓の配置と上下階の間取り、スリット付きの電動シャッター、通風玄関ドア、開放しやすい引き戸の採用などにより、風が流れる清々しい家になります。

    清潔な室内環境で過ごしたいという思いは決して一時的なものではありません。将来の心地よい暮らしのためにも、ぜひ参考にしてみてください。

    2022.03.24 PM7:00
  • IoTの家で暮らしはどう変わる!?

    こんにちは、住宅生協です。

    近年、IoT技術を取り入れた住宅が注目されています。
    従来からある「スマートハウス」との関係やAI(人工知能)の活用など、今回はIoTの家の特徴についてお伝えします。

    ■遠隔で確認・操作できる

    IoTとは、「Internet of Things」の略で、日本語では「モノのインターネット化」と訳されています。
    あらゆるモノがインターネットでつながる状態を指し、これはスマホやPCだけでなく自動車や家、家電製品なども含まれています。

    こうした技術を取り入れたIoT住宅が今、住宅・家電業界で大いに注目を集めているのです。

    わかりやすいのは玄関の鍵をIoT化することによる外部からの施錠・解錠。締め忘れなどがあっても解決できるので防犯面の安心要素と言えるでしょう。
    また、お子さまの帰宅を外出先から確認したり、帰宅に合わせてエアコンやカーテン、照明、調理家電を操作したりと、遠隔確認・遠隔操作ができるのはIoTの家のメリットです。

    ■見える化がポイントのスマートハウス

    「スマートハウス」という言葉は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。三重県住宅生協でも2010年代前半からモデルハウスなどで展開してきたスマートハウスは、太陽光発電や蓄電池、「HEMS」(ヘムス:Home Energy Management System)などにより、エネルギーをつくり、蓄え、節約するシステムを備えた家
    スマートハウスは、モニターに太陽光発電、家電、水道、ガスなどの稼働状況を表示して「見える化」し、エネルギーのマネジメントを行うのが目的でした。エネルギーを生み出し、効率よく利用することでCO2排出の削減を実現する、省エネ住宅を意味していたのです。

    HEMSのアプリを使用すると、使用電力量や太陽光の発電・消費・売電・買電の量などが見えるほか、対応エアコンを取り付けることで外出先からオンオフの操作が可能です。
    (画像はタブレットとスマホのアプリ画面)

    世界的なSDGsの推進もあり環境意識がさらに高まる現在、省エネの取り組みはますます重要。
    IoTにより省エネ性能が向上するため、最新のスマートハウスはIoT住宅とも言えます。

    ■さらに発展した暮らし

    遠隔確認・操作や省エネのほかにも、さまざまな機能・メリットがあるIoT住宅。
    AI技術が進化したことで、空調を調節して適温を維持したり、汚れを検知してロボット掃除機が室内をきれいにしたりと、さらに発展した暮らしも実現しています。

    スマートスピーカーやスマートプラグによって、既に使っている家電を気軽にIoT化することも可能に
    スマートスピーカーに「ただいま」と声をかければ、照明がついてカーテンが開閉したり、起床前に自動でシャッターが開き、朝日を浴びながら起きられたり。
    日常生活で必要な家電・住宅設備の操作をルーティン化したり、自動化したりという暮らしも身近なものとなっています。

    IoT化には家電や住宅設備の連携が重要なため、家づくりの際は事前に相談しておくと良いでしょう。

    IoTの家はパナソニックのWEBサイトからも詳しくご覧いただけます
    https://sumai.panasonic.jp/aiseg/about.html

    2022.03.22 PM7:00
  • 新デザイン空間で穏やかに暮らす家・スマートエコタウン御薗町高向Ⅱ 伊勢市モデルハウス分譲のお知らせ

    こんにちは、住宅生協です。

    伊勢市の分譲地「スマートエコタウン御薗町高向Ⅱ」で、新たなモデルハウスがオープンしました!
    収納計画と動線にこだわり、住みやすさを追求した一邸をご紹介します。

    スライド式の玄関扉を開けると右側にある玄関収納。ファミリー玄関としても機能する玄関収納は、外出時や帰宅時に便利。クロークを設けてコートなどの上着をかけておけるので、花粉のシーズンにもありがたいですね。

    1階はこのほか、ダイニングやパントリー、回遊動線の途中にある洗面室にも大型の物入れを設置。2階は主寝室に3帖のウォークインクローゼットと、洋室2部屋にクローゼットを設けました。暮らしのシーンを想定して綿密な収納計画を立て、設計に落とし込んでいます。

    ダイニングとキッチン、洗面室の回遊動線は家事負担の軽減と家族の行き交いを考慮したもの。ぜひ実際の建物を歩き、動線のスムーズさをご体感ください。

    木のぬくもりに溢れているのもこのモデルハウスの魅力です。白を基調とした防火サイディングの外壁は、エントランスまわりとバルコニーをウッド調にしてデザインに変化をつけました。自然素材に近い色合いや立体感を再現した床材「トリニティ」や、ダイニング・キッチンだけ高さを変えた木目の天井など、どこにいても木の落ち着いた雰囲気を感じることができます。

    こちらはモデルハウスとして見学可能なほか、分譲住宅として販売もしています。
    住宅生協の家にご興味がある方はもちろん、伊勢市でマイホームをご検討中の方もぜひご来場ください!

    お問い合わせ
    南勢営業所・伊勢 住まいの情報センター
    TEL 0596-29-0720(水曜・木曜日定休)

    詳しくはこちらから
    https://www.mie-jsk.or.jp/modelhouse_post/modelhouse_post-7547

    2022.03.17 PM7:00
  • 住宅生協は設立56周年を迎えました

    こんにちは、住宅生協です。

    昨日3月14日は三重県住宅生協の設立記念日。おかげさまで設立56周年を迎えることができました。今回は私たちの歴史を少しだけご紹介したいと思います。

    正式名称は「三重県労働者住宅生活協同組合」

    「三重県住宅生協」「住宅生協」などの呼び方が定着していますが、実はこれ正式名称ではありません。正式には「三重県労働者住宅生活協同組合」という少しカタイ名前なんです。
    三重県住宅生協は、労働者の住環境向上を目的に労働組合が出資して1966年(昭和41年)生まれました。「ろうきん」「こくみん共済coop(全労済)」と同じように、福祉活動の事業団体に位置付けられている私たち。お金のことなら「ろうきん」、保障のことなら「こくみん共済coop」、住まいのことなら「住宅生協」と、それぞれの役割があります。

    とは言え、お客様から見ると私たちは住宅メーカーや工務店と同じ立場。一般のハウスメーカーや工務店と同じように、自社施工による家づくりをしています。高品質・低価格な家づくり、街づくりをモットーに三重県下の各地域で注文住宅事業、分譲住宅事業、リフォーム事業を展開し、設立から50年を超える歴史の中で、注文住宅と分譲住宅を合わせて1万3000棟以上、供給してきました。

    いち早く取り入れたツーバイフォー工法

    三重県住宅生協の歴史を語る上で2×4(ツーバイフォー)工法の存在は重要です。現在も主力の工法である2×4は1981年、建築確認を受けられるタイミングでいち早く導入しました。高品質な家づくりのため、新しい工法を積極的に取り入れようという考えがあったようです。
    耐震性や耐火性、断熱性・気密性、遮音性など2×4工法が持つ優れた性能が、多くの方の快適かつ安心の暮らしを実現してきました。

    三重県住宅生協は今後も、2×4工法による高品質な家づくりを進めてまいります。

    2022.03.15 PM7:00
  • 大人も子どもも使いたい!?LDKのスタディコーナー

    こんにちは、住宅生協です。

    リビングやダイニングに設けるスタディコーナーは、根強い人気があります。お子さまのリビング学習に便利なのはもちろん、最近ではリモートワークでも使えると評判。デザインや大きさ、収納の有無など、スタディコーナーにもいろいろなパターンがあるようです。

    スタディコーナーの利点

    リビングやダイニングを学習場所とするメリットは、お子さまが勉強を習慣化しやすいこと。家族が過ごすリビングであれば自室に行くより宿題などに取り掛かりやすく、わからないところがあっても親御さんがサポートしやすい環境です。
    ダイニングテーブルを学習場所とするご家庭もありますが、食事の際に片付ける必要がないのはスタディコーナーを別に設ける利点ですね。

    主流はキッチンから目が届きやすい場所にカウンターを設けるパターン。ダイニングテーブルと同じ高さにして、椅子を供用されるご家庭もあります。カウンターは横長にして、家族が並んで座れるスペースを確保するケースも多く、ランドセルや勉強道具を置ける収納スペースが近くにあるとなお便利でしょう。

    働き方との関係

    リモートワークが定着したことで、書斎やワークスペースのご要望も増えています。リビングやダイニングのスタディコーナーは、リモートワーク用のスペースとして活用可能。PCが使いやすいよう、コンセントや照明の位置に気を配っておくと良いでしょう。頻繁にリモート会議があるなら、背景を意識して間取り・配置を決めるのも有効です。

    一方、同じリモートワークでも職種や働き方によって考え方は異なります。隔離した空間で集中した作業が必要になるお仕事もあるでしょうし、「家族がいるリビングでリモート会議は難しい」という方もいることでしょう。そのため、LDKのスタディコーナーとは別に、2階の階段ホールにカウンターを設けたり、書斎を設けたりという間取りも人気です。
    一言でリモートワークと言っても、ご家族が過ごす空間でできる仕事かどうかは重要。スタディコーナーで兼ねるか、別のスペースを設けるかを判断するポイントになるのではないでしょうか。

    2022.03.10 PM7:00