エリア別での絞り込み
閉じる

スタッフブログ

  • 津新町駅西にモデルハウス誕生!「新しい生活様式」を楽しむ家

    こんにちは、住宅生協です。

    今月12日、スマートエコタウン津新町駅西で、新たにモデルハウスがオープンしました!
    コロナ禍での暮らし、withコロナの時代に、住宅生協から家づくりの新たな提案。
    新しい生活様式」を楽しむ家の完成です。

     

    家でできる対策「手洗い」

    「新しい生活様式」では、身体的距離の確保、マスクの着用、手洗いの3つを、感染防止の基本としています。
    この3つのうち、家づくりの観点で意識することができるのは「手洗い」ですね。
    そこで今回のモデルハウスでは、玄関ホールに手洗い場を設置
    家に入ってすぐに手洗い場があれば、室内に持ち込むウイルスや菌の数を最小限に抑えられます。
    お子さんたちが手洗いの習慣を身につけやすいのもメリットですね。

     

    リモートワークは畳コーナーで

    コロナ禍でリモートワークが定着しました。
    一方、リビング・ダイニングなど、家族のいる空間では仕事に集中できないという声もあります。
    今回のモデルハウスはリビングの横に畳コーナーがあり、ここをリモートワークの場所として使用することが可能。
    引き戸で間仕切りもできるので、落ち着いて仕事できそうですね。

    畳コーナーの天井には、空気中のさまざまな物質を抑制する「ヘルスエアー」も設置。
    ウイルスや菌、花粉、PM2.5など、健康を害する恐れのある物質を低減し、お部屋の空気を循環清浄することができます。

     

    そのほかにもコンパクトな動線のダイニング・キッチン、室内干しができるランドリールーム、家族全員の洋服を収納できるWICなど、見どころ盛りだくさんのモデルハウス!

     

    随時見学可能なので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

    くわしくはこちら
    https://www.mie-jsk.or.jp/event_post/event_post-5422

     

    2020.12.17 PM7:00
  • 注文住宅で実現するペットとの素敵な暮らし方・後編

    こんにちは、住宅生協です。

    前回は、新築を機に猫との楽しい暮らしを実現させたお客さま邸についてお伝えしました。
    人もペットも快適に過ごすため、間取りやインテリアのアイデアを考えるのは楽しいですね!

    前回の記事はこちら→ https://www.mie-jsk.or.jp/blog/5601

    一方、家の中でペットを飼う際には気を付けておきたいポイントもあります。
    今回は、ペットを飼うにあたり注意したい点についてご紹介します。

    におい対策の方法とは!?

    ペットとの暮らしで最も気になるのは「におい」ですね。
    数や種類はもちろん、人によっても感じ方はさまざまですが、一定のにおい対策をしておくのは大切です。
    一緒に住んでいればにおいに慣れてきても、来客にはそのにおいが気になることもあります。

    手軽な方法としては、脱臭効果のある壁材エコカラット」が有効です。
    ペット模擬臭を使った試験では、一般的な素材、調湿壁紙に比べ、臭気強度が大幅に低下したそう。
    エコカラットはリビングから寝室、玄関、トイレなど、家中のいたるところに使えるので便利ですね。

     

    一方、もっと強力な脱臭方法が必要となる場合、
    天井埋込型ナノイー発生機エアイー」を設置したり、さらに除菌・脱臭に特化した、菌・ウイルス・においに優れた効果を発揮する次亜塩素酸 空間除菌脱臭機ジアイーノ」を設置するのもおすすめです。
    ペットのにおい対策はもちろん、ウイルス対策としても有効ですね。

    このほか、収納スペースの中にペットのトイレをつくり、そこに換気扇を設けるなど、間取りの工夫で対策することも可能です。

     

    行動範囲を決めておく

    間取りを考える際に重要なのが、「どこまで行けるようにするか」。
    つまり、ペットの行動できる範囲をあらかじめ制限しておくということです。

    キッチンには入らないようにしたい場合、前回ご紹介したように扉を後付けできるつくりにすることも、一つの方法ですが、最初からLDKには入れない間取りにしておくのも良いでしょう。
    寝室や廊下などは自由に行き来できるようにしておき、LDKで一緒に過ごすときは、人がいるときに限定するというパターンですね。

    低い仕切りであれば飛び越えてしまうことも考えられるので、しっかりと扉で空間を分けておくのは重要です。

    後から対策できることもありますが、トイレの位置や居住空間の分離は、間取りにも大きく影響する可能性があるため、事前に伝えておくと良いでしょう。

    いずれにしても、ペットとの暮らしを念頭に置いた家づくりができるのは注文住宅の大きな魅力です。

     

    気になる人は、ぜひ住宅生協までお問い合わせください!

     

    2020.12.15 PM7:00
  • 注文住宅で実現するペットとの素敵な暮らし方・前編

    こんにちは、住宅生協です。

    新築を機に、ペットとの暮らしを望まれる方もいらっしゃいます。
    「アパートでは飼えなかったけれど、一戸建てであれば心おきなくペットと暮らせる」
    そんな思いを住宅生協の家で叶えた方はたくさんいるんです。

    注文住宅であればなお一層、ペットとの暮らしを見据えた楽しい間取りが実現するかもしれませんね!

     

    インテリアにペット用の工夫を盛り込む

    ある猫好きのお客さま。
    実家ではずっと猫を飼っていたそうですが、アパート暮らしとなり、しばらく猫のいない生活を送られていました。
    「いつかまた猫と一緒に暮らしたい」
    以前より抱いていた思いを、新築を機に叶えられたのです。

    楽しく、ストレスなく過ごせるよう、リビングにはTVボードと一体化した大きなキャットウォークを設置(透明のアクリル板で肉球も見られます!)。
    丸い柱には爪とぎ用の麻ひもを巻き付けました。
    現場監督の手作業で5~6時間かかったそうです(笑)

    また壁にはペット用の腰板(壁の下部に張る木製の板)も付け、インテリアのダメージ防止対策を万全としたほか、コンセントの位置を通常より高くしたり、キッチンへの通路に扉を後付けできるつくりにしたり、人にとっても猫にとっても快適な暮らしにつながる工夫をしました。

    猫が乗ったまま動いて、充電もできるロボット掃除機の収納スペースなど、遊び心溢れる仕掛けも♪
    担当設計士は大の猫好きで、プランの際は大いに盛り上がったようです!

    住宅生協ではペットとの暮らしを実現した施工事例も多数ありますので、「家を建てて、ペットと暮らしたい」「飼っているペットとこれまで以上に楽しく過ごしたい」とお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください!

    2020.12.10 PM7:00
  • 高断熱の家は、室内の温度差が少ないウェルネス住宅

    こんにちは、住宅生協です。

    断熱性の高い住宅生協の家は、1年を通して快適に過ごしていただくことができます。
    日に日に寒くなるこれからの季節ですが、高断熱住宅であれば暖房効率が非常に良く、室内の温度差が少ない暮らしが実現しますよ!

     

    影響を受けにくく、逃がしにくい

    断熱性の高い家に住む方からは、「外気が1℃や2℃であっても、室内は10℃以上ある」とお聞きすることがあります。
    そもそも冷たい外気の影響を受けにくいため、家の中の温度が下がりにくいということですね。
    外から帰ってきて暖房をつけ、寒さに震えながら暖かくなるのを待つ、ということもなさそうです。

    そして、暖房によって暖まった空気を外に逃がさないのが、高断熱住宅の大きなメリット。
    ファンヒーターなどを出す必要がなく、エアコンだけで十分快適に過ごせるという感想はよくお聞きします。

     

    健康的な住まいに

    高断熱の家は、ヒートショックのリスクも下がります。
    リビングは暖かくても、廊下やお風呂は外気の影響を受けて寒いままだと、行き来する際に血圧が上昇したり降下したり、心筋梗塞などにつながってしまうおそれがあります。
    室内の温度差が少ない高断熱住宅であれば、その心配がないため、高齢の方が住む場合にも安心。

    ある調査によると、断熱性の高い家に住む人ほど、気管支喘息やのどの痛み、アトピー性皮膚炎、手足の冷え、アレルギー性鼻炎・鼻炎などの症状が改善されたそうです。

    幅広い世代が健康に過ごすことができる家は、これからの時代ますます必要とされるのではないでしょうか。

    高断熱住宅がもたらす1年中快適で安心できる暮らし
    これから家づくりをする方は、ぜひ断熱性の高さも検討材料に加えてみてください!

    2020.12.08 PM7:00
  • 「無料設計相談」受付中・あなたのイメージ、住宅生協がカタチにします!

    こんにちは、住宅生協です。

    三重県住宅生協では現在、「無料設計相談」を受付中です。
    家族のライフスタイルを意識した間取り、友人に自慢したくなるデザインやテイスト、いつまでも快適に暮らせる住環境…。
    お客さまが描く理想の我が家を、住宅生協がカタチにします。
    ぜひこの機会に、住宅生協の「無料設計相談」をご利用ください!

     

    注文住宅にも力を入れています

    「せっかくならこだわりたい」「家族の希望を詰め込みたい」
    マイホーム購入を検討していて、特に注文住宅をお考えの方はこのようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
    SNSや住宅会社のホームページ、雑誌やWEBの記事を参考にしたり、ときには遊びに行った友人の家で刺激を受けたりしながら、理想の注文住宅に夢を膨らませている方は多いことと思います。

    そんな溢れる思いをぜひ、私たちにぶつけてみてください。
    三重県住宅生協は分譲住宅事業だけでなく、注文住宅事業にも力を入れています。

    「こんな暮らしがしてみたい」というざっくりしたものから、「家事動線を良くしたいわ。あと収納も多めに」「一人になれるリモートワークの部屋が絶対にほしい!」「家族の共有スペースにこだわりたい」など具体的なご要望がある方まで、住宅生協がそのイメージをカタチにします。

     

    建築家が手掛ける家

    無料設計相談は、県内各地にある住まいの情報センターで実施しています。
    ご家族構成や働き方、趣味、ライフスタイル、家族の将来像など、暮らしやすい家づくりに向けて大切にしたいポイントなどもお話ししながら、お客さまの思いやご要望をお聞きします。

    この時点で考えがまとまっているお客さまはごくわずか。
    まずは、心の中にイメージされていることを全てぶつける気持ちでお話しくださいね。

    お客さまのご要望によって、2回目の打ち合わせに建築家が同席することもあります。
    外部設計事務所の建築家と担当営業、お客さまが三位一体となって進める家づくりは、三重県住宅生協の大きな魅力。
    建築家が手掛けるこだわりの注文住宅」が、誰でも実現しやすいのは住宅生協で家づくりをするメリットでもあります。

    一生に一度の大きな買い物。
    これから何十年にもわたり、毎日暮らす我が家。
    住んで、見て、過ごして得られる満足感は、世界に一棟だけ存在する注文住宅の大きな魅力です。
    品質とデザイン性の高さに定評がある三重県住宅生協の「無料設計相談」、皆さまのお越しをお待ちしています!

    くわしくは住まいの情報センターまでお気軽にお問い合わせください。
    住まいの情報センター一覧はこちらから

    2020.12.03 PM7:00
  • 展示場・営業所のご紹介!【四日市住まいの情報センター】

    こんにちは、住宅生協です。

    三重県内で地域密着型のサービスを展開する私たち住宅生協。
    各地にある「住まいの情報センター」では今日も、スタッフ全員がお客さまを思い、質の高い家づくりに取り組んでいます。

    今回は北勢営業所・四日市住まいの情報センターをご紹介します!

    知識と経験豊富なスタッフが多数在籍している四日市住まいの情報センター。
    土地探し新築の注文住宅分譲住宅はもちろん、アフターサービス専門の担当者も常駐して、総合情報センターとして住まい全般に対応しています。

    「ヘーベルパワーボード」や「タカラホーローパネル」、「光セラ」などの実験グッズ、制震フレーム体験コーナー、耐震・断熱説明コーナーでは住宅生協が建てる高性能な家の魅力を存分にご体感していただけます!
    担当エリアは、四日市市、桑名市、東員町、いなべ市、菰野町、川越町、鈴鹿市、亀山市。
    商業施設が集まる四日市の中心部に立地しているので、どちらの地域からでもお気軽にご来場いただけますよ!

     

    ■四日市住まいの情報センターからお客さまへ

    「コロナ対策を万全にして、気持ちよくご来店していただけるよう心掛けております。住まいに関するご相談であれば、どんなことでもお気軽にお問い合わせ、ご来店くださいませ」

     

    ■イチオシ物件をご紹介!

    泊ヶ丘ヒルズは、153区画の大型団地。
    高台にあるため災害にも強く安心です。
    泊山小学校へは徒歩5分、大人気の南部丘陵公園が徒歩圏内にある上、団地内にも3つの公園があるため子育て環境としても最適!
    三重県立総合医療センター徒歩4分、泊駅徒歩14分の好立地です。

    全ての道路の幅員を6メートル以上確保しつつ、コーナー部分をカットしたレイアウトで、人と車の安全性に配慮した道路計画もこの団地の特長。
    街区5カ所に防犯カメラ7台を設置している上、各種セキュリティ機能を備えており、24時間暮らしを守ります。

    現在、モデルハウス「2階建5層 立体設計の家」と分譲住宅「ほっこりのある家」2棟の、3棟を見学していただけます。

     

    詳しくはこちら

    https://www.mie-jsk.or.jp/residential_post/residential_post-2366

    https://www.mie-jsk.or.jp/products_post/products_post-3494

    https://www.mie-jsk.or.jp/event_post/event_post-2806

     

    2021年1月、ファムタウン四日市上海老が誕生します。
    71区画の分譲団地で、住宅生協ではそのうち8区画を分譲。
    診療所や総合病院が近くシニア世代も安心なほか、春には隣接するショッピングセンターがオープンして週末の楽しみも増えそう。
    幅広い世代にとっての暮らしやすさを追求した新しい分譲地にご期待ください!

     

    詳しくはこちら
    https://www.mie-jsk.or.jp/residential_post/residential_post-4494

     

    北勢営業所・四日市住まいの情報センター
    住所:〒510-0834 四日市市ときわ五丁目1-22
    TEL:059-350-3355
    FAX:059-350-3300

    キッズコーナー(コロナ対策で備品は一時的に撤去)、和室、勾配天井リビング、ロフト、フルフラットキッチン展示あり
    駐車場10台
    オンライン相談対応可

    2020.11.26 PM7:00
  • 資金計画のご相談もお任せください!

    こんにちは、住宅生協です。

    家づくりやマイホームの購入を検討している、またはこれから考える方にとって気になるのが「資金」のことですよね。
    「いくら借り入れたらいいのか」「返済していけるか不安」「審査が通るかな」など、住宅ローンの借り入れ時はもちろん、新居での生活や将来の暮らしを考える上でも資金計画は大切です。

    三重県住宅生協では、お客さまの資金計画もきめ細かくサポートしています。
    オンラインセミナー個別相談などの機会を、ぜひご活用ください!

     

    ご自宅から気軽に参加できる!「オンラインセミナー」

    家づくりを考え始めた方、どのくらいの予算が必要かざっくりと把握したい方、住宅ローンの仕組みなどを知りたい方におすすめなのがオンラインセミナーです。

    マイホーム購入に必要な費用や住宅ローンの返済方法から「ローン減税」「住まいの給付金」といったさまざまな制度を、どなたにもわかりやすいようにご説明します。

    第三者機関のFP(ファイナンシャルプランナー)が講師を務めるため、家づくりの際に発生する資金計画の立て方が、客観的に分かるのもメリット!

    以前は、数組のお客さまが集まって開催していたセミナー「家づくりCafé」をリニューアルしたのがこのオンラインセミナー。
    コーヒーやケーキをお出しできないのは残念ですが、ご自宅にいながら視聴していただけますので、ぜひお気軽にご参加ください!


    以前開催した「家づくりCafé」

     

    次回のオンラインセミナーは以下の日程で開催します!

    日時:12月5日(土)
    時間:15時~16時
    お問い合わせはこちらから
    TEL: 059-225-0851

     

    個別相談もお受けしています!

    具体的に家づくりを進めることになった方、マイホーム購入住宅ローン借り入れを機に、今後の生活にかかるコストなども見直したいという方には、個別相談も可能です。

    オンラインセミナーはどちらかというとマイホームに関する資金全般の内容ですが、個別相談であれば各ご家庭の家族構成、収入の状況などに応じて、最適な資金計画をアドバイスさせていただけます。

    ご希望の方は、ぜひ住宅生協の担当者までお問い合わせください!

    2020.11.24 PM7:00
  • 住宅生協で働くスタッフを紹介します!【住宅営業:逵井辰伍・後編】

    こんにちは、住宅生協です。

    住宅生協に興味を持っていただいた方に、もっと私たちのことを知ってもらいたい!
    そんな思いから毎月、住宅生協で働くスタッフの紹介をしています。

    今回は、住宅営業を担当する逵井辰伍(つじいしんご)へのインタビュー後編をお届けします。
    お客さまとのコミュニケーションで大切にしていること、プライベートの趣味などについて聞いてみました!

     

    –働いていて楽しいと感じる瞬間はありますか?

    どのような提案をすれば満足していただけるか考えながら、お客さまのご要望をお聞きしたり、理想の住まいの話をしたり、資料を作成するのが楽しいですね。
    当然ながらお客さまによって要望される内容は異なるので、私自身も楽しくご提案できるんです。

    –お客さまと接するときに気をつけていることはありますか?

    良い印象を持って帰っていただくことです。
    「あの営業マンよかったな」「話しやすかったな」と感じてもらい、最後には「住宅生協の家って素晴らしいな!」と思っていただけるように心がけています。

    –お客さまによく聞かれることはありますか?

    資金・予算に関して相談されることが多いです。
    住宅生協の家はいくらなのか、融資が受けられるのかなどを気にされる方が多いように感じますね。
    家は一生に一度の大きな買い物です。
    資金・予算は家づくりのプロセスの中でも一番重要であり、不安に感じるところでもあるので、お客さまの不安を少しでも和らげられるように尽くしていきたいです。

     

    –趣味や休日の過ごし方を教えてください。

    趣味はスケートボードです。
    同じ時期に始めた友人と、松阪のスケートパークに行って練習していますよ。
    技ができたときの喜びを共有するのが楽しいですね!
    ラーメンが好きなので、休日は松阪や伊勢のラーメン屋を巡ったりしています。

    –これから出会うお客さまに一言お願いします。

    家を建てる際は、不安や悩みもたくさんあると思います。
    私たち住宅生協は、家を提案・提供するだけでなく、住まいに関する不安や悩みなどをご相談いただく窓口でもあります。
    土地探し新築建て替えリフォームなどの住宅に関するご相談は、住宅生協におまかせください!
    よろしくお願いします!

     

    お読みいただきありがとうございました。
    次回もお楽しみに!

    2020.11.19 PM7:00
  • 「在来工法」と「ツーバイフォー工法」がある住宅生協

    こんにちは、住宅生協です。

    木造住宅には「在来工法」と「ツーバイフォー(2×4)工法」という2つの工法があります。
    在来工法は日本に昔からあった工法で、梁や柱を組んで家をつくります
    木造軸組工法、在来軸組工法なとど呼ばれることもありますね。

    一方のツーバイフォー工法は、もともと米国で生まれたもので、
    2インチ×4インチの角材とベニヤ板でつくられたパネルを床や壁として組み合わせてつくります
    木造枠組壁工法と呼ばれることもあります。

    間取りの自由度や耐震性など、それぞれに特徴がある2つの工法。
    詳細については、ぜひこちらもご一読ください。

    在来工法
    https://www.mie-jsk.or.jp/concept/zairai/

    ツーバイフォー工法
    https://www.mie-jsk.or.jp/concept/2×4/

     

    木造建築を手掛ける住宅会社の多くはどちらか一方の工法を採用していますが、
    住宅生協はどちらの工法にも対応できるのが強みです。

    両方を採用するメリットは、お客さまのご要望する家によって最適な工法を選択できること。

    家づくりにおいて最も重要なのは、お客さま自身がどのような間取りにしたいか、将来についてどのように考えているか。
    そこで私たちは、お客さまが求めている理想を実現するためにふさわしいのはどちらかを検討し、
    最適な工法を選択しています。

    もちろん希望の工法がある場合はお申し付けください。
    ただ、それぞれの特徴を踏まえつつも、決して工法ありきにはならないことが大切です。

    住宅生協では、お客さまがどのような暮らしを望まれているかを最優先に考え、最適な木造建築をご提案しています。

    2020.11.17 PM7:00