エリア別での絞り込み
閉じる

スタッフブログ

  • ますます注目される家の「換気」。24時間換気システムのおすすめは?

    こんにちは、住宅生協です。

    コロナ禍の暮らしで重要視される中の一つに換気があります。
    家の中で過ごす時間が長くなり、ますます我が家の換気について気になる方も多いのではないでしょうか。

    今回は住宅への設置が義務付けられる24時間換気システムの種類と、三重県住宅生協の標準仕様についてお伝えします。

    第1種と第3種の違い

    2003年に義務付けられた24時間換気システムは、2時間に1回、家の中の空気が入れ替わる仕組みです。
    室外の空気を室内に取り入れる「給気」と、室内の空気を室外に出す「排気」の方法の違いにより種類が分けられており、一般的な住宅では第1種と第3種のいずれかが選択肢となります。

    第1種
    給気側、排気側の両方に機械を設置して換気する方法

    第3種
    給気側は給気口、排気側に機械を設置して換気する方法

    第1種は強制的に換気を行うことで、より正確な換気のコントロールが可能ですが、ダクトを設置する必要があるなどコストアップは避けられません。
    第3種は最も多く採用されている方法で、給気は自然に任せるため第1種ほどのコントロールはできませんが、ダクトの設置は必要なく、トイレや浴室、キッチンなどの換気扇を使用するためコストがかかりません。

    気密性が高ければ

    こうして比較すると、第1種の方が換気性能という面で優れていると感じますが、気密性の確保された家であれば第3種換気でも十分に建物全体の換気を行うことができます。

    第1種はダクトにカビが生えてしまうリスクがありますが、第3種は単純な構造のためメンテナンスの必要がないというメリットも。

    ZEHの家には第1種換気、という時代もありましたが、建物の性能自体が上がってきたことで現在は第3種でもZEH住宅として十分な役割を果たすため、三重県住宅生協は標準仕様として第3種換気を採用しています。
    写真は、標準仕様で取り付けるサッシに換気かまち(給気口)が付いたタイプです。

    24時間換気システムにどこまでの性能を求めるかは、お住まいの地域の環境(寒さが厳しい地域では第1種の熱交換という仕組みは非常に有効です)も考慮して、検討すると良いでしょう。

    詳しく知りたい方は、住宅生協のスタッフまでお気軽にご相談ください!

    2021.07.27 PM7:00
  • 家の顔、エントランスアプローチにこだわりを!後編

    こんにちは、住宅生協です。

    エントランスアプローチの要素、素材についてお伝えした前編に続き、後編ではその機能性に注目してみたいと思います。

    前回の記事はこちら
    https://www.mie-jsk.or.jp/blog/6830

    門柱を効果的に活用

    アプローチの動線は、敷地の入り口から玄関までどのように誘導するかイメージしながら決めていきます。
    長すぎても短すぎても不便になる可能性があり、バランスを意識することが大切です。
    どちらかというと現在は、直線的なアプローチは少なく、門柱(もんちゅう)を使ってほどよく視線を遮るのも一般的になっています。

    門柱は、門に建てる柱ではなく、エントランスアプローチにある壁上の構造物で、ポストや表札、インターホンなどを取り付けます。
    視線を遮る効果があるため、防犯面や安全面を考える上でも大切な場所です
    既製品でもおしゃれで機能的なものはたくさんありますが、門柱は造作することも可能。
    コンクリートブロックを積み上げていくため、自由な形状をつくり出せます。
    機能面はもちろんのこと、デザインで個性を発揮できる場所でもあるため、ぜひ注目してみてください。

    宅配ボックスが人気

    ネット通販の拡大、宅配需要の高まりで、宅配ボックスを求める声も増えてきました。
    配達時に不在でも荷物を受け取れるため、共働きのご家庭や在宅の時間が読めない方に便利ですよね。

    住宅生協の家も、オプションで宅配ボックスを取り付けることができます
    需要の高まりとともに、ポスト一体型や捺印ができるものなど、各メーカーから機能やデザインにこだわった製品も出てきています。

    これからマイホームをお考えの方はぜひ、宅配ボックスも検討してみてはいかがでしょうか。

    エントランスアプローチは、想像以上に自由度が高く、何でもできるからこそ難しいポイントでもあります。
    家づくりの終盤に細かな打ち合わせを行うことが多い場所ですが、明確なご要望などがある場合は早めに伝えておくのが良いでしょう。

    住宅生協では分譲住宅・注文住宅を問わず、外構も含めてトータルバランスの優れた家をご提案しています。
    エントランスアプローチに関することも、ぜひお気軽にご相談ください。

    2021.07.22 PM7:00
  • 住宅生協は住宅会社⁉

    こんにちは、住宅生協です。

    今年3月14日に設立から55周年を迎えた三重県住宅生協。
    長い歴史の中で、県内各地に1万3000棟以上の住宅を建ててきました。
    最新技術、デザインを取り入れるのはもちろん、現在は無料設計相談にも力を入れて、三重県で家を持ちたいと望む方々に寄り添った家づくりを進めています。

    「住宅生協は住宅会社なの?」「ハウスメーカーと何が違うの?」
    そんな疑問を持たれた方のため、今回は三重県住宅生協のことを少しだけ紹介してみたいと思います。

    住宅供給を促進

    私たちの正式名称は「三重県労働者住宅生活協同組合」と言います。
    起源は1958年に設立された日本労働者住宅協会(労住協)。
    住宅供給を促進するため、長期低利資金と労働金庫の資金を結び付けて設立した組織です。
    労住協は各県の労働金庫理事長が兼務して事業を行ってきましたが、住宅需要の増大とともに、不動産事業を金融機関の労働金庫が続けるのは困難となり、1966年に三重県下の労働組合が出資して福祉事業団体「三重県労働者住宅生活協同組合」が設立されました。

    同じようなタイミングで他県でも設立され、現在は全国で12の住宅生協があります。

    営利を目的としない組織

    消費生活協同組合法に基づき、営利を目的としないのが住宅生協の特長です。
    「ろうきん」「こくみん共済coop〈全労済〉」と連携して、安心価格を実現、マイホーム購入のサポートをするのは、私たちの家づくりの大きな強みと言えるでしょう。

    これら3つの福祉事業団体の事業をサポートするのが三重県労働者福祉協議会(三重県労福協)。
    住宅生協は三重県労福協が開催するイベントなどにも積極的に参加しています。
    現在はコロナ禍で大きなイベント開催が難しくなっていますが、県内各地区で年2回行われる「暮らし何でも相談会」では、住まいに関するお悩みにお応えしています。

    ハウスメーカーのような「会社」ではない私たちですが、その背景にはこうした設立経緯や目的があるからなんです。

    とはいえ、お客さまにとっては他のハウスメーカーや工務店と同じように家づくりを依頼する相手。
    「住宅生協に頼んだら、どこの会社が家を建ててくれるの?」と聞かれることもありますが、他の住宅会社と同じように私たちがお客さまの家を建てたり、販売したりします。

    家づくりの際は、長い名前の由来、福祉事業団体の特長も少しだけ知った上で、比較・検討いただければうれしく思います!

    2021.07.20 PM7:00
  • 家の顔、エントランスアプローチにこだわりを!前編

    こんにちは、住宅生協です。

    仕事で疲れて帰宅するとき、離れて住む家族や仲のいい友人が訪れたとき、真っ先に目にして通る場所…、それがエントランスアプローチです。
    マイホーム購入の際は、家の顔とも言えるエントランスアプローチのデザインや機能性にもこだわってみましょう!

    玄関ポーチとアプローチ

    エントランスアプローチとは、門から玄関扉までをつなぐ道です。
    その家の第一印象を決める大切な場所ですね。

    ここには「玄関ポーチ」と「アプローチ」という2つの要素があります。
    玄関ポーチは玄関扉のすぐ外側にある部分で、多くは屋根がかかっている場所を指します。
    一方、アプローチは門(敷地の入り口)から玄関ポーチまでの道。
    玄関ポーチは建築面積に含まれ、アプローチは建築面積に含まれない(外構工事)という違いがありますが、家の顔としてつながりのある部分なので、統一感を持たせたり、素材や色の組み合わせを工夫したりすることが大切です。

    素材は多種多様

    エントランスアプローチを考える際は、使われる素材を知っておくのがポイントです。
    敷石やレンガ、タイル、コンクリート、枕木、砂利、洗い出し、芝生、植栽…。
    さまざまな素材を使い、組み合わせてアプローチが完成するので、お気に入りの家、良い印象を受ける家があったら、どのような素材が使われているかよく見ておきましょう。

    素材を選ぶ際は、建物の外観テイストにマッチしていることが重要です。
    住宅生協で採用することが多いリクシルのタイル「アレス」は、全13色から選んで和風、洋風、モダンとさまざまなテイストに合わせてコーディネートすることが可能。
    小口(タイルの断面)が同色のため、階段をつくる際に色の統一感があり、きれいに仕上がるのが特長です。

    後編では、エントランスアプローチの機能性についてお伝えします。
    お楽しみに!

    2021.07.15 PM7:00
  • 【予約制】お客さまの家見学会のお知らせ!7月17・18日(鈴鹿市東旭が丘)

    こんにちは、住宅生協です。

    7月17・18日の2日間、鈴鹿市旭が丘でお客さまの家見学会を開催します!
    三角やアール状の垂れ壁、木とアルミ素材のデザイン階段、凹凸や隙間のないキッチンなど、随所に機能的かつ美しいデザインを配した一邸です。

    リビングとつながる和室は窓から光が差し込む明るい空間。
    お昼寝したり、お子さんの遊び場としたり、使い方はお施主さま次第です。
    リビングとの境に設けたアール状の垂れ壁は、LDKのデザインにアクセントをもたらすとともに、和室をほどよく閉じられた空間にする効果もあります

    キッチン横のパントリーの垂れ壁は三角に。
    保存食や飲料、生活雑貨などをまとめて収納できるパントリーですが、ちょっとした工夫でおしゃれな空間に仕上がります。

    キッチンはTOTOの「ザ・クラッソ」を採用しました。
    使いやすさを追求しつつ、空間調和のさまたげとなる要素をできる限り取り除く“ノイズレスデザイン”のキッチンで、余分な凹凸や隙間を無くした美しい見た目が特長です。
    クリスタルカウンターやタッチレス水栓など、使い勝手と機能性を兼ね備えたポイントもご注目ください。

    家族のコミュニケーションが取りやすくなり、特に子育て世代から人気があるリビングイン階段は、木の踏み板・手すりとアルミの格子という異素材を組み合わせて仕上げました。
    シンプルでナチュラルな印象のLDKに溶け込む、デザイン性に富んだオープン階段です。

    広々とした洗面脱衣室は、カウンターや可動棚を設置して家事スペースも兼ねています。
    人気のガス乾燥機「幹太くん」も設置するため、洗濯に関連した家事はこのスペースだけで完結しますね。

    このほかにも、和風住宅の縁側を意識した軒下のデッキ、ポップインアラジンを導入してシアタールームとする予定の2階多目的スペース、耐久性に優れた外壁のパワーボードなど、お施主さまのこだわりをとことん詰め込んだ注文住宅です。

    皆さまのご来場をお待ちしています!

    お客さまの家見学会
    日時:7月17日(土)・18日(日)

    時間:10:00~17:00 
    場所:鈴鹿市旭が丘

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、人数を制限した完全予約制で行う見学会です。

    ご予約方法
    下記ページ内の「イベント申し込みフォーム」からご予約ください。

    https://www.mie-jsk.or.jp/event_post/event_post-6562

    お問い合わせ先
    北勢営業所・鈴鹿 住まいの情報センター
    TEL 059-379-5736(水曜・木曜日定休)

    2021.07.13 PM7:00
  • 最新ユニットバス事情。お風呂をおしゃれに快適に!

    こんにちは、住宅生協です。

    住宅設備を決める際は、お風呂選びも楽しみのひとつ!
    今回は、三重県住宅生協がおすすめする最新のユニットバスについてご紹介します。

    ■ダウンライトや木目でおしゃれに

    リビングなどで採用することが多いダウンライトですが、浴室をすっきりとしたおしゃれな空間にすることもできるんです。
    壁面のデザインを際立たせる役割があり、落ち着いた雰囲気や明るい印象など、浴室空間を自由に演出することができます。

    住宅生協では、タカラスタンダードのユニットバスについて標準仕様でダウンライトを取り付けることが可能。
    白色・電球色からお好みの色をお選びください。

    浴室パネル(壁面)のデザインのみを選ぶケースが多いユニットバスですが、クリナップはオプションで木目のカウンターを選ぶことができ、浴室をより遊び心ある場所に仕上げることができます。

    おしゃれな木目のカウンターにお気に入りの用品や小物を置いたり、iPadを置いて動画を観たり…、お風呂をより一層楽しんでみてはいかがでしょうか。

    ■より快適なバスルームへ

    タカラスタンダードやクリナップのユニットバスは、断熱性を高めているのも大きな特長です。
    通常、浴槽に使われる断熱材が12ミリ程度なのに対し、両社が使う断熱材は25ミリ。
    暖かさを逃がさず、冬場の入浴も快適です。
    標準仕様で浴室暖房が付くのも、特に寒い時期には安心ですね。

    タカラスタンダードはラウンド(ベンチ付き)、スクエア、ラウンドの3種類から浴槽の形状を選べるのもポイントです。

    ご家族構成やライフスタイルに合わせて選び、快適なお風呂時間を過ごしてみてください。

    2021.07.08 PM7:00
  • 住宅生協が2×4(ツーバイフォー)をおすすめする理由「耐久性」

    こんにちは、住宅生協です。

     

    このブログでは2月から毎月、住宅生協が建てる2×4(ツーバイフォー)工法のメリットをお伝えしてきました。

    今回はツーバイフォーの6大性能を伝える最後の回、「耐久性」に注目してみたいと思います。

     

    これまでの記事はこちら→

    耐震性https://www.mie-jsk.or.jp/blog/5853

    耐火性https://www.mie-jsk.or.jp/blog/6023

    遮音性https://www.mie-jsk.or.jp/blog/6154

    気密性・断熱性https://www.mie-jsk.or.jp/blog/6337

    耐風性 https://www.mie-jsk.or.jp/blog/6702

     

    住宅の耐久性とは

     

    住宅を購入するにあたっては、その家に何年住めるのか、建物の寿命は何年なのかというのは気になるところですよね。

    逆に建物の寿命を縮める要素を考えてみると、木造住宅の場合は構造体に使われる木材への腐食が大きな原因として挙げられます。

    つまり、住宅の耐久性を上げるには、いかに木材の腐食を防ぐ(=乾燥させる)が重要であり、乾燥状態が保たれていれば、それだけ長く住み続けられるというわけです。

     

    腐食を防ぐために

     

    木材の乾燥状態を保ち、腐食を防ぐためには、結露を防止することが大切。

    三重県住宅生協のツーバイフォー住宅は、断熱性の高い構造材や断熱材、中空層などにより外部の冷気を緩和するので、結露が起こりにくい構造です。

    また、胴縁を入れることで外壁と構造用合板の間に空気層を設けているのも、木材の乾燥を保つポイントです。

    空気の通り道をつくるために必要な胴縁ですが、規程通りに施工して適切な通気が行われなければ意味がありません。

    ツーバイフォー住宅は規格化されているため、胴縁ひとつとっても細かい施工のバラつきがなく、建物の品質が安定しているのがメリットなのです。

     

    耐久性と建物の工法は密接な関係がある点、ぜひ参考にしてみてください。

     

    これまでツーバイフォー工法の6大性能をご紹介してきましたが、もっと詳しく知りたい方はぜひ、三重県住宅生協のスタッフまでお尋ねください!

    2021.07.06 PM7:00
  • 住宅生協が2×4(ツーバイフォー)をおすすめする理由「耐風性」

    こんにちは、住宅生協です。

    先月のブログでは、2×4(ツーバイフォー)工法のメリットとして「気密性・断熱性」の高さをご紹介しました。

    記事はこちら

    今月はツーバイフォーの「耐風性」に注目してみたいと思います。

     

    耐風性を高める工夫

    激甚化する台風災害から家族を守るため、防災の観点からは家の耐風性に注目したいところですね。
    ツーバイフォーはハリケーンが発生する北米で生み出された工法のため、強風に対する強度も兼ね備えています。

    屋根が吹き飛ばないようにする工夫が、あおり止め金具「ハリケーンタイ」の使用です。
    ハリケーンタイは建物の外壁と屋根のたる木を連結する金具。
    強風にあおられた際、屋根が吹き飛ぶのを防ぎます。

    たる木一本おきに取り付けることで十分な耐風性を発揮するハリケーンタイですが、住宅生協ではたる木一本ずつに取り付けて、さらなる耐風性の向上を図ります。

    昨年に限っては台風の接近数が少なく、2008年以来の上陸ゼロでしたが、三重県内では台風14号で被害が発生。
    また7月には桑名市長島町、桑名郡木曽岬和泉で突風が発生して、屋根瓦のめくれなど被害があったようです。

    耐震性に注目することが多い建物構造ですが、安全・安心な暮らしのため耐風性も意識してみてはいかがでしょうか。

     

    来月は、ツーバイフォーの「耐久性」についてお伝えします。

     

     

    2021.06.29 PM7:00
  • 楽しくて悩ましい仕様決め。後編・住宅生協の標準仕様

    こんにちは、住宅生協です。

    家づくりにおいて楽しさも悩ましさもある仕様決めについて、住宅生協では建築担当が打ち合わせに参加することでお施主さまの負担を軽くしているとお伝えしました。

    記事はこちら

    今回は、その際にお伝えする「標準仕様」についてご紹介したいと思います。

     

    色やデザイン、性能が一目瞭然

     

    標準仕様とは、追加費用なしで選べる外壁や屋根材、床材、建具、キッチン、風呂、トイレなどを指します。

    お客さまの「選びやすさ」を意識した住宅生協の標準仕様資料は、項目ごとに写真やスペック表を用いて色やデザイン、性能などが一目瞭然。
    選べるオプションの一例も含まれているので、「ここはこだわりたい!」という項目について、じっくり比較検討することもできます。

     

    充実の標準仕様で選ぶ楽しみを

     

    自由設計の注文住宅だからこそ、住宅生協では標準仕様の充実に力を入れています。

    ただ、あまりに選択肢が多かったり、取り扱いメーカーごとの違いが明確でなかったりすると、必要以上に悩み、お施主さまの負担を大きくしてしまうこともあります。

    そこで住宅生協では、豊富な注文住宅の施工実績から最新のトレンドや定番仕様、こだわりのオプションを網羅しつつ、各項目の取り扱いメーカーを厳選し、お施主さまにとってわかりやすく、選びやすいようにご提案しています。

    ご家族で話し合い、楽しみながら選んでみてください!
    実際の色や質感は、サンプルでお確かめいただくことも可能です。

    もちろん、標準仕様以外で既にご希望の製品・仕様がある場合も対応可能ですので、担当までご相談ください。

     

    2021.06.22 PM7:00