エリア別での絞り込み
閉じる

スタッフブログ

  • 5層がゆるくつながる、四日市市泊ヶ丘「立体設計の家」

    こんにちは、住宅生協です。

    四日市市泊ヶ丘にある「立体設計の家」は、5層構造が家族の空間をつなげる新しいコンセプトのモデルハウス。
    土地形状を生かした立体的なスキップフロアは一見の価値ありです。
    今回は、それぞれの階層ごとの魅力をご紹介します。

     

    0階
    緑豊かな外構の先には、段差がないフラットなエントランス。
    大容量の玄関クロークには、靴や衣類、大型の荷物を収納することができます。
    玄関ホールには手洗い場もあるため、帰宅時はリビングに入る前に手を洗えますね。

     

    1階
    玄関ホールから階段を数段上った先にはL型レイアウトのLDK。
    開放感のある吹き抜けは、1.5階、2階ともつながります。
    足元の地窓は、庭から道路に風が通り抜けるほか、来訪者の姿を確認することもできます(ブラインドで目隠しも可能)。

     

    小上がりの畳スペースは、3.3畳のちょうど良い広さ。
    お子さんの規則正しい生活習慣を身につける「子ども導線」を採用しており、「ただいまクローゼット」「ただいまPOST」もここにあります。

     

    洗面、脱衣所は南側に大きな窓があり、屋根付きの物干しスペースとの動線もラクラク。
    通風シャッターも設置しているため、室内干しでもカラッと乾きます。

     

    ■1.5階
    窓の外に庭の木々を眺める4畳のファミリールーム
    リビングとは別の家族が集う場所として、お仕事場所として…、使い方は住まう人次第。
    窓越しにリビングの吹き抜けとつながる、程よい距離感の特別な場所です。

     

    2階
    ウォークインクローゼットのある主寝室と、洋室が2部屋。
    畳数以上に広く感じる主寝室は、テラスともつながり屋外空間で過ごす楽しみもありそう。

    2.5階
    2階にある4.5畳の洋室には2.8畳の広いロフトをレイアウト。
    子ども部屋として使う際、ロフトをベッドスペースにすれば、空間を広く活用できます

     

    リビングの吹き抜けからファミリールーム、階段ホールまで、空間がゆるくつながり、どこにいても家族を感じられるこの家。
    天窓から差し込む明るい光が、家族をあたたかく包み込みます。

    くわしくはこちら
    https://www.mie-jsk.or.jp/modelhouse_post/modelhouse_post-2839

    2020.09.08 PM7:00
  • 住宅価格について

    こんにちは、住宅生協です。

    私たちが住宅価格を総額でご提案していることは、以前にもブログでお伝えしました。
    https://www.mie-jsk.or.jp/blog/4387

     

    本体価格のほか、別途工事、諸費用など、全体でどの程度の費用がかかるか、見越しておくことが大切です。

    もちろん、この中で最も重要なのは本体価格。
    今回は住宅生協の家の本体価格(建物価格)の考え方について、お伝えしたいと思います。

     

    適正な価格の背景

    住宅生協の特徴の一つに「営利を目的としていない」ことが挙げられます。
    消費生活協同組合法に基づき、営利を目的としないお客さま本意の運営を行っています。

    住宅生協ならではのこうした考え方は、適正な価格としてお客さまの安心材料にもなっていることでしょう。
    もちろん過剰な広告費や研究費が住宅価格に反映されることもありません。
    私たちは、建物の「」こそが、価格に反映される最も大切な要素だと考えています。

    ローコスト住宅ではない

    ご存知の通り三重県内にも多くの住宅会社があり、さまざまな価格設定がされています。
    当然、同じような間取り、住宅設備の家でも、住宅生協より安く購入できる会社はあります。

    ただ私たちは決して安い価格を追い求めている訳ではありません。
    上記の通り、大切なのは建物の質
    質を担保した上での価格設定こそ、本当の意味でお客さまのことを考えた適正価格だと思うのです。

    ローコスト住宅の価格帯とは一線を画しているのは、こうした背景があります。

     

    そして、質を担保するために重要なのは「」です。
    家が人の手で建てられる以上、職人の仕事は最も重視すべきであり、そこにかける人件費を惜しむことはありません。

    住宅の質に直結する職人の仕事に対し、適正な費用を支払うこと。
    利益を抑えてお客さまにご提供すること。

    これからも住宅生協では、質と価格のバランスがとれた家を、皆さまにご提供していきたいと思います。

    2020.09.03 PM7:00
  • タブチキヨシ氏とコラボした「ほっこりハウス」がオープンします!

    こんにちは、住宅生協です。

     

    9月最初の週末、四日市市泊ヶ丘に新たなモデルハウスが誕生します。
    今回はなんと、インスタグラムで話題の住宅デザイナー・タブチキヨシ氏とのコラボレーション!
    「ほっこり」をコンセプトにした、シンプルで可愛らしい2棟の同時オープンです。

     

    タブチキヨシ氏(タブチキヨシ住宅デザイン事務所・house stage代表取締役)は、ポップな描写の間取り図が大人気の住宅デザイナー。
    見ているだけでワクワクする楽しい間取りをインスタグラムで発信されています。
    縁あって今回、住宅生協の新たなモデルハウスでコラボレーションが実現しました。
    さまざまな「ほっこり」のある間取り、ぜひその目でお確かめください!

    オープンに合わせ、9月5日・6日完成見学会を開催します(完全予約制)。
    両日ともタブチキヨシ氏が来場しますので、コンセプトや間取りへの思いなどを直接聞けるチャンスがあるかも!?

     

    来場者には、「ほっこり」をテーマに今回のために作ったオリジナルブレンド、住宅生協特製「ほっこりコーヒー」をプレゼントします!
    何度も試飲を重ねて完成しました。
    このコーヒーを飲んでぜひ「ほっこり」してください。

    家づくりの模様やほっこりコーヒー完成裏話はこちらから!
    https://www.instagram.com/hokkori_house/

     

    「ほっこりハウス」完成見学会
    開催日 9月5日(土)・6日(日)
    時間 10:00~17:00
    住所 四日市市大字泊村(泊ヶ丘ヒルズ団地内)

    来場予約はこちらから
    https://www.mie-jsk.or.jp/event_post/4674

     

    お問い合わせ先
    北勢営業所・四日市 住まいの情報センター
    TEL 059-350-3355(水曜・木曜日定休)

    2020.08.27 PM7:00
  • 住宅生協で働くスタッフを紹介します!【住宅営業:藤原裕士・前編】

    こんにちは、住宅生協です。

    住宅生協に興味を持っていただいた方に、もっと私たちのことを知ってもらいたい!
    そんな思いから毎月、住宅生協で働くスタッフの紹介をしています。

    住宅生協ではどんな人が働いているの?
    何を考えながら、家づくりをしているの?
    インタビューを通して、そんな疑問への答えをお伝えできればと。

    今月は住宅営業を担当する藤原裕士(ふじわらひろし)へのインタビュー前編です。

    –業務内容を教えてください。

    北勢営業所の藤原です。
    普段は四日市住まいの情報センターに勤務しています。
    主な仕事は建物プランや土地のご提案。
    お客さまのご希望やご要望はもちろん、お困りごとなどもお聞きした上で、その方に最適なプランを提案するよう心掛けています。

    –何か得意分野はありますか?

    「ムダのない提案」ですね。
    土地や建物を提案する際、コスト面から使用する部材まで、いかにムダを省いた提案をするかを大切にしています。

    –そもそも住宅生協で働こうと思ったのはなぜですか?

    何より、自分自身が建てたいと思える家を建てている会社だったからです。
    自分が建てたいと思えるからこそ、お客さまにも心を込めてご提案できると考えています。
    あとは「安心」ですね。
    安心して働ける会社という面でも、たどり着いたのが住宅生協でした。
     

    –この仕事を選んで良かったと思うことはありますか?

    日々、成長を実感できることです。
    毎日が勉強の繰り返しだから、日に日に成長していけるのがこの仕事の魅力だと思います!

    お読みいただきありがとうございました。
    藤原へのインタビュー後編では、働いていて楽しいと感じる瞬間などを聞いてみたいと思います!

    次回をお楽しみに!

    2020.08.25 PM7:00
  • 雑貨屋やカフェをイメージした家

    こんにちは、住宅生協です。

    三重県住宅生協が建てた注文住宅の施工事例をご紹介します。
    今回は、随所にインテリアのこだわりが感じられるおしゃれな一邸です。

     

    やわらかい木の質感

    床はオークの無垢材を採用し、どこにいても木の質感を感じられるつくり。
    梁見せ天井を採用したLDKには、耳付き(※)の無垢テーブルも配置しました。
    どこからか木の香りが漂ってきそうな空間です。

     

    アンティークの机造作戸棚など、木のやわらかさ、あたたかさが感じられる家ですね。

    ※耳付き…丸太の外側の部分を耳といい。無垢の天板やカウンターで、樹皮を剥いで表面がデコボコした耳を側面にそのまま使う状態

     

    高級感のあるトーヨーキッチン
    広くてフラットだから、使い勝手も良さそう。
    堅牢そうなつくりも魅力的です。
    少し武骨なデザインのコンロも素敵ですね。

     

    玄関まわりは、レンガ敷きで独特の味わい深い雰囲気。

     

    インテリアのこだわり

    キッチンからダイニングテーブルまで並んだペンダントライト、何気ない飾り、ヴィンテージ感のある置物など、インテリアはどこから眺めても絵になります。

    ふらりと立ち寄った雑貨屋さん、行きつけのカフェ。
    少しわくわくしたり、気持ちが落ち着いたり…、そんな素敵なお店の雰囲気が味わえそうなナチュラルテイストの空間です。

    2020.08.20 PM7:00
  • 子育て世帯のお風呂

    こんにちは、住宅生協です。

    子育て世帯が住みやすいと感じるポイントはいくつかありますが、お風呂の広さや場所もその一つです。

     

    坪数で表す浴室の広さ

    浴室の広さには0.7511.251.5坪の4種類があります。
    (1坪は畳2帖分)

    実際のユニットバスのサイズ(内寸)としては以下の通り。

    <サイズ><坪><内寸>
    1216→0.75坪(奥行き)1200mm×(幅)1600mm
    1317→0.75坪(奥行き)1300mm×(幅)1700mm
    1616→1.00坪(奥行き)1600mm×(幅)1600mm
    1717→1.00坪(奥行き)1700mm×(幅)1700mm
    1618→1.25坪(奥行き)1600mm×(幅)1800mm
    1620→1.25坪(奥行き)1600mm×(幅)2000mm
    1624→1.50坪(奥行き)1600mm×(幅)2400mm
    1818→1.50坪(奥行き)1800mm×(幅)1800mm

    戸建て住宅で最も一般的なのは、1616=1坪のタイプですが、子育て世帯の方には1620=1.25坪も好評です。
    上の表でわかる通り、奥行きは変わらないものの幅が広くなる1.25坪タイプは、お子さんと一緒にお風呂に入る際、少しでも広い洗い場を求める方におすすめなんです。
    幅が40センチ広くなるだけで、ずいぶん浴室のイメージは変わります。
    乳児の沐浴もラクラクですよ!

    実はアパートに設置されているユニットバスは0.75坪が中心。
    現在アパートにお住まいの方であれば、1坪タイプでも広く感じられるかもしれませんので、まずはモデルハウスなどで広さを実感されるのが良いでしょう。

    1.25坪のお風呂があるモデルハウス「ChouChou(シュシュ)」
    https://www.mie-jsk.or.jp/modelhouse_post/modelhouse_post-2745

     

    お風呂への動線

    今月のブログでも紹介した、津市夢が丘にある住宅生協のモデルハウス「DOMAのある家」。
    https://www.mie-jsk.or.jp/blog/4794

    この家は、玄関土間からもお庭からも直接お風呂に行けるつくりが特長。
    外から帰った後、リビングを通らずにお風呂まで行ける間取りです。
    元気いっぱい遊んで、帰った後はお風呂に直行!そんな暮らしをイメージされる子育て世帯の方には、お風呂までのこうした動線も好評です。

    特に子育て世帯の方に重要なお風呂の広さや場所。
    ぜひ、住宅生協のモデルハウスなども参考にしてみてください。

    2020.08.18 PM7:00
  • 高まる書斎ニーズ

    こんにちは、住宅生協です。

    新型コロナウイルス感染拡大により、在宅勤務リモートワークが一気に広まりました。
    ご自宅でPCの作業をしたり、WEB会議に参加したり、家が仕事場になるという経験をされた方は多いと思います。

    もちろん全ての職種の方に当てはまるわけではありませんが、今後の新しい生活様式においては、在宅勤務、リモートワークというのはある程度根付いていくとされています。

    そうなってくると考えないといけないのは、家の中で仕事をする場所
    ダイニングテーブルやリビングに設置したカウンターなどを使ってもいいですが、「書斎がほしい」と思われる方も多いのではないでしょうか。

    これまでは、男性からのリクエストが多かった書斎。
    書斎のある暮らしはどのように実現されてきたのでしょうか。

     

    ユーティリティスペースとして

    書斎がほしいと思っても「どうせ物置になる」と一蹴され…、実現できないというケースがあります。
    リモートワークが定着すれば、有効活用される時間は増えるでしょうが、「そんなに使わないんじゃない!?」という意見があるのも事実。
    こんなときは発想の転換で、収納場所を書斎として使うというのはいかがでしょうか。

    ある程度の広さがある納戸は、書斎として十分に活用できます。
    ポイントはコンセントを設けておくこと。
    書斎として使う前提で、必要な備えをしておくと良いでしょう。
    家族が増えたり成長したりして物が増えてきたら、その時期は収納場所として使うことが可能。
    働き方や家族のライフスタイルに合わせて、さまざまな使い方ができる場所、いわゆるユーティリティスペース多目的ルームをつくっておくのは、家族全員のためにもなります。

     

    ひとりになれる場所を

    コロナ禍においては、外出自粛もあり家の中で過ごす時間が増えました。
    同じ空間で過ごす時間が増えたとき、聞こえてきたのが「ひとりになる時間がほしい」というもの。
    また、こうした特別な状況でなくても、ひとりになる時間があるとご夫婦それぞれがストレスを感じず過ごせるという声はあります。
    そんなとき有効なのが、ご夫婦それぞれ「ひとりになれる場所」を設けるという方法。
    書斎+家事スペースだったり、書斎+書斎だったり。

    写真はウォークインクローゼットの中に、2つの書斎空間をつくった家

    リモートワークと家族の幸せな暮らし、さまざまな工夫で両立させることが、今後ますます大切になっていくのではないでしょうか。

     

    2020.08.13 PM7:00
  • 最新シャッターで快適な住み心地を

    こんにちは、住宅生協です。

    今回、注目するのは窓に取り付けるシャッター
    住宅設備の中ではあまり目立つ存在ではありませんが、実はすごく進化しているんです。
    さまざまな機能がある、現代のシャッターをご紹介します。

     

    防災・防犯の役割

    シャッターの機能として最初に思い浮かぶのが「防災」。
    強風や暴風による飛来物から窓や家を守るのは、シャッターの重要な役割です。
    台風シーズンが間近に迫っていますが、被害を受ける前に備えておくことは重要ですね。
    家づくりを検討中の方はもちろん、現在のお住まいで不安な場所がある方は、リフォームシャッターの取り付けを考えてみるのも良いでしょう。
    シャッターには防音性能もあるため、台風襲来時の風の音に恐怖を感じる方にもおすすめです。

    防犯もシャッターの大切な役割です。
    浸入窃盗に関するある調査では、一戸建て住宅や共同住宅の低層階では、無防備な窓から浸入されるケースが大半だったそう。
    シャッターの存在が防犯上いかに有効であるかわかります。

    なお住宅生協の家は、標準仕様で1階の窓全てにシャッターが取り付けられます。

     

    風を採り込むシャッター

    コロナ禍での新しい生活様式では、室内の換気が重要とされています。
    現代の家は24時間換気システムにより空気を入れ替えていますが、それでも窓を開けて風を通すことは有効です。
    何より、家の中を風が通り抜けると気持ちいいですよね。

    「閉めきる」イメージがあるシャッターですが、実は風が通り抜けるタイプがあります。
    防犯性能を維持しながらも、心地よい風を採り入れられるのが最大の魅力。
    寝苦しい夏の夜、エアコンや扇風機をつけなくても、自然の風で涼むことができます。

    シャッター自体を施錠できるため、換気しながらちょっとした買い物に出かけたり、小さなお子さんを部屋で遊ばせたりすることもできますね。
    通風時はスラット(※)が、斜めに開くため、外からの視線はカットでき、プライバシーは保たれます。

    ※スラット…シャッターを構成する横長の部材

     

    外観との相性

    シャッターボックスやレール(枠)など、シャッターの取り付けは外観デザインにも少なからず影響します。
    さまざまな機能があるのを知った上で、デザインと実用面のバランスを考えて検討されるのが良いでしょう。

    住宅生協では、通風、電動などさまざまなシャッターをオプションで選んでいただくことが可能です。

    2020.08.11 PM7:00
  • 名張市南町に誕生!家族が喜ぶ「おうち」

    こんにちは、住宅生協です。

    前回に続き、モデルハウスをご紹介します!
    名張市南町にオープンした「家族が喜ぶ『おうち』」は、文字通り家族全員にとってうれしい場所を設けた家
    収納に書斎、お子さん用カウンターなど、機能的でうれしいポイントが満載です。

     

     

    ■適材適所の収納が便利

    1階と2階それぞれに十分な広さを確保した収納スペース
    1階にはシューズクロークと別に、扉付きの土間収納を確保しました。
    家の中には持ち込みにくいアウトドアグッズやスポーツ用品、大型の荷物を気楽にしまっておけそうですね。
    キッチンまわりには、カップボードに加えてパントリーもあるため、まとめ買いした食材の保管もOK。
    洗面所にも収納棚が備え付けてあり、着替えやタオルを置く場所を考えることもありません。
    その他、玄関ホールや階段下の収納、和室の押入もあるので、「収納スペースが足りなくて困る」なんてことはなさそう。
    2階の主寝室には大容量のウォークインクローゼット、子ども部屋には可動式の棚が付いたクローゼットを設けました。
    収納は、場所によって目的や使い方をはっきりさせることで、便利さを機能性がアップしますね。

     

    ■オープンなカウンターとクローズドの書斎

    キッチンから見える場所にお子さん用のkidsカウンターも設置しています。
    家事をしながら宿題やお絵描きをする姿を見守れるため、親御さんにもお子さんにも安心!
    学童用品が整理しやすい専用のスタディ収納や、プリントを貼っておけるマグネットボードも便利です。

    主寝室のウォークインクローゼットの奥には、在宅勤務などでニーズが増えている書斎もあります。
    デスクカウンターや可動棚が設置されているので、すぐに仕事場所として使うことも可能。
    エアコンが取り付けられる上、窓もあるため快適に使えそうです。

    実はこの家の書斎、ちょっとした仕掛けもあるんです…。
    ぜひお客さまのその目で確かめてみてくださいね!

    名張市では久々に誕生した住宅生協のモデルハウスということもあり、7月のオープン以来、たくさんの方にご来場いただいています。
    名張市で住宅購入をご検討中の方、ぜひお気軽に足をお運びください!

     

    くわしくはこちら
    https://www.mie-jsk.or.jp/modelhouse_post/modelhouse_post-4346

    2020.08.06 PM7:00