エリア別での絞り込み
閉じる

スタッフブログ

  • NEW平屋の外観で気をつけること

    こんにちは、住宅生協です。

    生活動線が集約しやすい、家族のコミュニケーションがとりやすい、バリアフリーで暮らしやすいなど、世代を問わず人気の平屋。平屋を建てる際はさまざまなポイントがあります。今回は平屋の外観についてお伝えします。

    ■土地の条件に合わせた建物に

    平屋は広い敷地が必要となるのが特徴です。住み心地の良い家にするためには、十分な生活スペースを確保することが大切ですね。

    土地の条件として「南向き」や「間口が広い」などは人気です。それでは南向きで間口が広い土地は平屋に最適なのでしょうか。

    南向きで間口が広い土地であれば、横長の建物を建てることが可能です。南面に部屋を配置して、大きな窓から光を取り込んで明るい室内空間が実現するでしょう。ただ、南向きで間口の大きな土地はそれだけ土地価格も高くなります。また、土地の条件をフルに生かすため、正面から見ると横長で開口部が目立つつくりになるケースが一般的。

    外観デザインはさまざまな好みがありますが、シンプルで大きな建物となりやすく、のっぺりとした雰囲気に感じられることもあるでしょう。

    平屋は建物の側面に凹凸をつけることで、印象をガラリと変えることができます。南向きで間口が広い土地でなくても、条件に合わせたプランで建物の形状を工夫すれば、むしろ外観がおしゃれになることもあります。平屋を検討中の方はぜひ、土地の条件もあわせてご相談ください。

    ■防犯も意識を

    平屋は寝室が1階のため、防犯対策をより強く意識する必要があります。夏の夜、冷房ではなく窓を開け放して風を通したくても窓が無防備だと不安ですよね。窓に取り付けるシャッターや雨戸には、ルーバー付の採風タイプがあります。これなら防犯対策をした上で風を通すことも可能。平屋を建てるときは、検討してみてはいかがでしょうか。

    津住まいの情報センターでは「平屋の住まい 無料設計相談会」を開催しています。無料で建築士に相談できる絶好の機会。平屋に興味がある方はぜひ、ご参加ください。お待ちしています!

    平屋の住まい 無料設計相談会【津住まいの情報センター】
    https://www.mie-jsk.or.jp/event_post/event_post-6454

    2022.06.23 PM7:00