スタッフブログ

  • 大切な家を守るアフターサービス

    こんにちは、住宅生協です。

    念願のマイホームに入居した後は、アフターサービスが快適な暮らしを守ります。
    家づくりで盛り上がった気持ちはやがて落ち着き、日々の暮らしの中で家に対する思いが小さくなってくることもあるでしょう。
    ただ、快適な生活を維持するためにはメンテナンスも重要
    そんなとき、お客さまの大切な家を守るのが住宅会社のアフターサービスの役割です。
    デザインや間取り、構造・工法、住宅設備などに目が行きがちな住宅会社選びですが、守り(アフターサービス)についても、見きわめておきましょう。

     

    住宅生協のアフターサービスの特長は、生涯サポートシステム住宅設備機器の10年保証お客さまに寄り添う体制です。

     

    生涯サポートシステムの合言葉は「しっかり建てて、しっかり検査して、しっかりアフターフォローする」。
    お引き渡しの後、専門スタッフが初回、1年、2年、5年、10年、15年と6回の無料定期点検を行っています。
    長期優良住宅の場合は、さらに長く安心が続きます。
    15年以降、20年、25年、30年と5年ごとに無料点検を実施。
    住宅生協の家は長期優良住宅仕様が標準のため、認定を受けることで住まいの品質を長く維持することができます。

    住宅設備機器に関する保証の充実も特長です。
    キッチン、ユニットバス、トイレ、洗面化粧台の4点は10年間の無料保証制度があり、メーカー保証終了後も費用負担なく修理が受けられます。
    しかも対象は全てのメーカー品。修理回数の制限もありません。
    お湯が出ない、加熱しないなど、メーカー保証後に修理を頼むと数万円かかるような水回りの突発的なトラブルにも安心の保証です。

    最後はアフターサービスの体制について。
    県内3カ所(四日市松阪)にあるカスタマーサービスセンターに専任スタッフが常駐し、定期点検や万が一のトラブルに対応しています。
    コールセンターでは24時間365日、点検や修理の受付を実施しています。

    家を守り、住む人の暮らしを守るアフターサービス
    住宅会社選びの際は、ぜひその内容にも着目してみてください。

    2020.02.13 PM7:00