快適な住環境づくり

住宅生協の家は標準でBELSで最高ランク[★★★★★]の省エネ性能

省エネ性能に配慮した住まいを三重県住宅生協では標準仕様化しています。
安心して住まいづくりをお考えいただけます。

BELS(省エネ性能表示制度)とは
Building-Housing Energy-efficiency Labeling System

BELSは、国土交通省が定めた「建築物の省エネ性能表示のガイドライン(建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針)」に基づく第三者認証制度の一つ。住宅性能評価・表示協会が制度運営しています。新築と既存建物の双方を対象に、一次エネルギー消費量をもとにBELS実施機関が省エネルギー性能を客観的に評価し、5段階の星マークで表示します。

車で言うと「燃費」を表すものです。

住宅が使用するエネルギーを数値化して明確にします。

表示方法は★の数

評価に用いられる指標は、外皮性能と一次エネルギー消費量で、評価方法は建築物省エネ法に規定される「平成28年基準(★★)」によります。建物の省エネ性能を表示する際のベースとなるのが★の数です。【表-1】のとおり5段階で表示されます。新築だけでなく既存住宅についても評価・表示が可能で、国のお墨付きを与える性能表示制度ですのでたとえば、中古住宅として売却の際には資産価値の評価が高くなると思われます。

住宅生協の家は標準でBELSの★★★★★仕様の省エネ性能

※建物は国土交通省の「住宅事業建築主の判断基準」による試算となります。
※住宅生協の住まいは標準仕様でBELSの★5つ仕様となります。
※ベルス表示マークを取得するためには別途申請が必要となります(オプション)。
※お選びいただく間取り、仕様によっては最高ランクにならない場合もございます。