エリア別での絞り込み
閉じる

長期優良住宅標準仕様

三重県住宅生協の新築住宅は「長期優良住宅仕様」が標準仕様です

資産として末永く価値を保ちたい方にはおすすめです。

長期優良住宅とは?

「長期優良住宅」は、決められた耐震性や省エネ性の基準を満たす住宅のことです。認定を受けると、税制の優遇を受けることができ、さらには経年による住まいの資産価値の低下を抑えることもできるのです。

※認定を受けるためには別途申請費用が必要となります。
※諸条件、プランによっては認定が受けれない場合があります。

長期優良住宅の6つの条件

耐震性能

地震に強い安心の家

大規模な地震に対して、倒壊しにくい、損害が少なくて済む一定の耐震性が必要です。

耐久性能

躯体のしっかりした長く住める家

何世代にもわたって住み継がれる家は、構造や骨組みをしっかり作り、耐久性能を持たせる必要があります。

省エネルギー性能

地球にも家計にも優しい家

断熱性能など、一定の省エネ性能が確保されている必要があります。地球にやさしく、また家計にやさしい省エネ住宅が条件です。

住戸面積

暮らしやすい広さを確保した家

暮らしやすい住まいにするために必要な最低限の広さが決められています。

維持管理・更新の容易性

メンテナンスしやすい家

耐用年数の比較的短い内装や設備は、メンテナンスやリフォームがしやすい家にしなければなりません。

居住環境

地域のまちなみに配慮した家

各地域のまちなみに調和するように配慮した住まいであることが求められます。