三重県住宅生協スタッフブログ

« 多気町 相可台 新モデルハウスオープン | メイン | 生活応援福祉研修&体験教室 »

中勢地区労福協 実務担当者研修

staffblog-photo-1-190131.jpg
1月26日(土) 中勢地区労働者福祉協議会「実務担当者研修」へ参加してきました。
各労組の福祉事業に携わっている担当者の皆さんと御一緒です。

今回の目的地は兵庫県神戸市の『阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター』への見学です。

staffblog-photo-2-190131.jpg
南海トラフ巨大地震における津波の想定図です。
最大予想は宮崎市・浜松市の14.8mです。下から3番目に津市4.8mの表示がありました。

staffblog-photo-3-190131.jpg
1995年1月17日阪神・淡路大震災の資料データ。

staffblog-photo-4-190131.jpg
同じく震災当時の写真が展示されていました。

staffblog-photo-5-190131.jpg
過去の巨大地震を調べても一定の周期で発生しています。

staffblog-photo-6-190131.jpg
日本はいくつかのプレートが重なる地震の多い国だということが分かります。

staffblog-photo-7-190131.jpg
ボランティアの「語り部」さん。自らの震災体験を話していただきました。

staffblog-photo-8-190131.jpg
津波避難体験コーナー
水圧がかかる中での歩行がいかに困難かを体感し、津波が発生したらいち早く避難することの重要性を学習できます。

staffblog-photo-9-190131.jpg
南海トラフ巨大地震の震度予測。津でも震度7の予想です。
台風や大雨と違って地震は予知が難しいとされています。
防災・減災についてもっと知る必要があると感じました。


バスの車内ではクイズ形式で労金・全労済・住宅生協が分かる研修も実施しました。
楽しみながら簡単な問題から難しい問題まで解いていただきました。

staffblog-photo-10-190131.jpg
津に帰ってきて大雪でビックリしました!
参加者の皆さんおつかれ様でした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.mie-jsk.or.jp/mt6/mt-tb.cgi/1722

コメントを投稿

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

検索

About

2019年2月 2日 11:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「多気町 相可台 新モデルハウスオープン」です。

次の投稿は「生活応援福祉研修&体験教室」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。